トップページ > 「配偶者ビザに立ちはだかる5つの壁」無料レポート配布中!

「配偶者ビザに立ちはだかる5つの壁」無料レポート配布中!

配偶者ビザに立ちはだかる5つの壁
(不許可になりやすいケース)

国際結婚をこれからしようとお考えの方や、もうすでに国際結婚の手続きを済まされている方も、
共通してその後のお手続きとして、「配偶者ビザ」の申請手続きがあります。

 

ご自身でされる方にとっての不安点はおおよそ共通しています。

配偶者ビザが果たして取得できるかどうか?
不許可になりやすいケースに私たちは該当しているのか?

 

入管も1件でも配偶者ビザの申請において偽装結婚を防ごうと審査を厳しくしています。
皆様は結婚から配偶者ビザの取得までのご事情は様々ですが、真に愛を育まれたお二人同士であれば、
きちんとした書類作成、必要な立証資料の添付で配偶者ビザが許可されることは間違いありません。

 

ですが、入管はちょっとしたあなたの今までの状況に対して疑問を呈することがあります。
この入管の疑問をいだいてあなたの状況を入管に納得してもらうことができなかったものが「不許可になりやすいケース」ということになります。

そこで、今回の無料レポートでは、今までの配偶者ビザの申請において不許可になるリスクが高いケースを壁に見立て、「配偶者ビザに立ちはだかる5つの壁(不許可になりやすいケース)」というテーマで無料レポートを作成しました。

 

この無料レポートでは、配偶者ビザを申請するに当たって不許可になりやすいケースやより申請に際して慎重さが必要なケースを紹介しています。

 

合わせて、このホームページにも「不許可になりやすいケース」をまとめた記事もご用意しております。一緒に参考にしていただければ、より理解が深まるはずです。
下部に「こんな記事も読まれています」という記事のリンクを貼ってありますので、参考にしてください。

 

そして、このレポートをお読みいただければ、ご自身が不許可になりやすい壁になるケースなのかどうかがわかり、配偶者ビザの許可を取得することが容易となります。
もちろん、無料レポートをお読みいただいたけれども不許可になりやすい壁なんかないよ!
という方もいらっしゃることでしょう。
ですが、このレポートでご自身には配偶者ビザ取得までに壁は無いということがお分かりになったわけですから、それはそれで有益なことです。

 

ぜひ、この機会に、この無料レポートをお手に取っていただき、不安なく配偶者ビザ申請をされてください。
無料レポートは、下のバナーを押していただければ簡単にご登録できます。

 

※ご登録後、皆様に配偶者ビザ申請において注意すべきポイントなどをまとめたメールマガジンを配信させていただきます。そちらも、配偶者ビザ取得には有益なものですし、無料レポートの内容と合わせてご覧いただければ、より配偶者ビザの申請に自信を持って臨むことができるはずです。

この機会に是非ご覧ください。
(解除は簡単にできます。)
ここをクリックするだけで簡単に登録が可能です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

こんな記事も読まれています↓↓

海外から配偶者を呼びたい(呼び寄せ)

配偶者の在留資格を変えたい(変更)

配偶者ビザで不許可になりやすいケースはこれです

当オフィスはこんな行政書士事務所です!(埼玉でビザ)

 


↓↓無料相談をご利用ください↓↓

最後まで、ページをご覧いただきありがとうございました。
当オフィスでは、初回(60分)無料相談を実施しております。
昨今の国際化、インバウンド需要の増加などから、日本に来られる外国人の方が年々増加しています。
そうなると、ビザ申請の件数が増加=審査期間の長期化
このようなことも現実起き始めているというか今もまさにその状況に置かれています。
1日でも早くビザを取得し、日本で幸せな結婚生活を送るためには、重要なのは「時間」です。
ビザ申請の専門家である行政書士に相談することは、時間短縮の効果もあります。
ご自身の貴重な時間を無駄にすることなく、無事に許可という結果を得られるようによしの行政書士オフィスはサポートをさせていただきます。
一度、軽い気持ちで専門家の意見も聞いてみてください。

↓↓このバナーから簡単にお申し込みができます。↓↓

無料診断受付中

配偶者ビザを取得するために

配偶者ビザを取得するために