トップページ > 配偶者ビザの申請が不許可となった場合

配偶者ビザの申請が不許可となった場合

配偶者ビザが不許可になった方へ

 

 

ご自身で配偶者ビザを申請をされた際に、入管から不許可とされるケースもあるかと思います。
ここでは、不許可とされた後の対応についてお話をしたいと思います。

不許可申請をリカバリーができるのか?

入管は許可、不許可の裁量権を持っています。ですので、申請内容に矛盾や不十分な点があった場合などは、入管は不許可としてきます。
不許可とされるとご自身へ通知などがされるのですが、その際には入管からはどの点が不許可の理由なのかといった細かい不許可の理由は伝えられません。
不許可といってもパターンとしては以下の2つがあげられます。

①そもそも許可基準を満たした案件でなかったケース

②許可案件にもかかわらず、申請書作成や書類提出において不備や不足があり入管に誤解を与え、不許可になったケース

①については、行政書士などの専門家に依頼をしたとしても許可基準を満たしていないので、不許可というのは当然の結果ということです。ですので、不許可をリカバリーして再申請というのはできないということです。ですが、仮に時間が経過すれば許可の要件を満たしリカバリーができるケースもありますので、不許可になった場合は入管に不許可理由を聞きにいかれることをおすすめします。
かたや②については、リカバリーができるケースです。そもそも許可の要件は満たしているわけですから、申請書類を再度修正し、必要な立証資料を用意・添付して再申請すれば、リカバリーをすることが可能です。

再度自分で配偶者ビザを申請してもいい?

これは正直おすすめしません。ご自身で申請をして不許可になったわけですから、リカバリーをしていくことは難しいと思います。中にはご自身で再申請をされる方もいらっしゃるとは思いますが、再度貴重なご自身の時間や労力を割きますか?それよりも、配偶者ビザ申請の専門家に相談をされて、確実に許可に導いてもらえるようにしてもらったほうが、圧倒的に時間や労力を削減できます。

どんな専門家でもいいの?

これは、NO!です。
配偶者ビザや国際業務専門の行政書士などにご依頼すべきです。
行政書士という資格は専門分野が存在しています。
ですので、ビザ専門の行政書士の先生にご依頼をすることが、確実に許可を獲得できる近道です。

ここからは不許可からリカバリーまでの対応についてお話をします。

配偶者ビザの申請が不許可になった理由を調べる

入管から不許可通知が届いた場合、その通知には不許可の理由の詳細は書かれていません。
ですので、申請した入管に出向いて、個室で審査官と話をすることになります。
ここで注意しなければいけないのは、クレームなどは禁物です。
不許可は不許可の訳ですからそこでクレームを言ったところで許可になるはずはありません。
それよりも一日も早く詳細の配偶者ビザ申請の不許可理由を聞いて、リカバリーで再申請した法が賢明です。
ここの段階では冷静に情報を収集するようにつとめましょう。
そこではもう一つ注意するポイントとしては、審査官はすべての不許可理由を教えてくれないということです。
ですので、不許可の理由をはじめに聞いた場合、他に不許可の理由はないのか?再度申請をするにあたり、許可になる見込みがあるかどうかの見解を審査官に聞くことです。

 

当オフィスでは配偶者ビザの不許可理由同行サービスをご提供しております。

・配偶者ビザを自分で申請したが不許可通知がきた。どうしよう・・・
・ここからリカバリーできるのか?
・不許可理由を自分で聞いてもわからない。
などなど
そんな配偶者ビザをどうしても取得したいお客様の不安を解決するサービスです。

ビザ申請専門の行政書士が、お客様と同行し、配偶者ビザ申請の不許可理由確認を行います。
その不許可の原因を専門家の目線で見て、再申請準備を行います。

不許可の場合、当たり前ですが同じ内容では不許可です。

配偶者ビザが不許可からの再申請は慎重にしてください。
配偶者ビザが不許可になったというのは決定的な不足ポイントがあるから不許可なのです。
ですから、絶対に同じ申請内容では許可されるはずがありません。
専門家に依頼すれば、配偶者ビザの不許可をカバーするポイントを細かくアドバイスしてくれます。
もう、あなたの大切な時間を無駄にすることはやめませんか?

配偶者ビザ不許可同行サービス ¥17,000+税

 

こんな記事もよく読まれています↓↓

配偶者ビザで不許可になりやすいケースはこれです。

 


↓↓無料相談をご利用ください↓↓

最後まで、ページをご覧いただきありがとうございました。
当オフィスでは、初回(60分)無料相談を実施しております。
昨今の国際化、インバウンド需要の増加などから、日本に来られる外国人の方が年々増加しています。
そうなると、ビザ申請の件数が増加=審査期間の長期化
このようなことも現実起き始めているというか今もまさにその状況に置かれています。
1日でも早くビザを取得し、日本で幸せな結婚生活を送るためには、重要なのは「時間」です。
ビザ申請の専門家である行政書士に相談することは、時間短縮の効果もあります。
ご自身の貴重な時間を無駄にすることなく、無事に許可という結果を得られるようによしの行政書士オフィスはサポートをさせていただきます。
一度、軽い気持ちで専門家の意見も聞いてみてください。

↓↓このバナーから簡単にお申し込みができます。↓↓

無料診断受付中

配偶者ビザを取得するために

配偶者ビザを取得するために