トップページ > 外国人配偶者はクレジットカードは作れるのか?

外国人配偶者はクレジットカードは作れるのか?

外国人配偶者はクレジットカードは作れるのか?

配偶者ビザを取得して、日本で暮らしている外国人はよくクレジットカードが作れないと言われることがあります。それは本当なのか?今からこの記事で解説させていただきます。

外国人が審査通過が厳しい理由

実は、日本人であっても外国人であってもクレジットカードの審査基準は一緒です。
よく勘違いされるのは、外国人であるから審査が厳しくされるのでは?ということですが、そんなことはありません。
では、なぜ外国人の方が厳しいといった情報が流れるのか?
それはいくつかの理由があります。

理由1:日本語での会話

クレジットカードは利用後に電話問い合わせや電話での案内などといった電話対応が中心になります。そうなると、日本語での会話が重要になります。しかしながら、日本語がどうしても上達できない外国人がいるのも事実です。そのため、利用後のトラブル防止などの理由から審査が厳しくなると言われています。

理由2:日本語の読み書き

クレジットカードを利用するためには、申込条件、支払い方法、利用方法、会員規約など日本語で記載された情報を理解しなければいけません。では、日本語の読み書きはどれくらい必要なのかといいますと、通常生活で使うような日常会話がある程度理解できる程度で大丈夫です。日本人の旦那さん(奥さん)との会話も日本語というカップルも多いはずです。その日常会話ができていれば問題ないですが、やはり日本人と比べて若干ながらもハードルがあるのが実情です。

理由3:返済できるかどうかが分らない

日本で初めてクレジットカードを作る場合は、今まで他の借入返済などの実績が当然ですがありません。そうなると、「返済できる外国人なのか?」ということが証明できません。しかも、日本人と違い、配偶者ビザなどの在留資格は更新期限があるため、場合によっては帰国してしまい返済してもらえないのでは?という疑いをかけられやすくなってしまいます。
ですから、日本に初めて来日してきた当初にクレジットカードを作ろうとすると、返済できる力があるかどうか分らないため、審査が厳しくなる場合があります。

理由4:安定した収入、勤続年数

日本で生活を始めたばかりの外国人は特にそうですが、仕事などを始めたばかりということも少なくないはずです。クレジットカードの審査を通過するためには、安定した収入があることや、安定して長く働いているという実績が必要です。ですので、日本人でもそうですが、この基準を満たさない可能性が高くなるため、クレジットカード審査が通りにくいとされています。

では、外国人はクレジットカードを作れるのか?

結論から言いますと、「作れます!」
ただし、いくつか気をつけなければいけないポイントがあります。それを今からお話しします。

ポイント1:身分証明書などをいくつも用意する。

身分を証明する書類がたくさんあることは、信用性を高めるためには効果的です。
在留カード、パスポート、日本で取得した運転免許証など自分が持っている身分を証明する書類がこれ以外にもあるのであれば、クレジットカード申し込みの際に、1つでも多くクレジットカード会社に提出しましょう。

ポイント2:収入の証明

これも、重要なポイントです。
源泉徴収票、給与明細、課税証明書、確定申告書などなど自分の収入をいくつかの書類で証明することは、返済する力があるとより強く証明できます。ですので、この証明書についても、出せる書類はすべて提出するようにしましょう。

ポイント3:固定電話等を契約

固定電話や携帯電話を契約するということは、クレジットカードの審査通過に関係ないのではと思われがちですが、そうではありません。固定電話であれば、きちんとその場所に住んでいて安定性も問題ないという証明にもなりますし、携帯電話であれば、利用料金をきちんと支払っていれば、クレジットカードの返済も問題なくできるという証明にもなります。

ポイント4:キャッシング枠をつけない

キャッシングとは、いわゆる現金をクレジットカードで引き出して借りることができるというものです。これをつける場合とつけない場合は、審査通過の基準も変わります。当然、現金を借りることができないカードのほうが審査は通過しやすくなります。あくまでもショッピングでしか利用しないということであれば 、むやみやたらにキャッシング枠をつけないということもクレジットカード審査を通過しやすくするためのポイントです。

ポイント5:いくつもカードを申し込まない

よく、スーパーやショッピングモールなどにいくとクレジットカード申し込みコーナーといった簡単にクレジットカードを申し込める場所が設置されていて、気軽に申し込めるために、いくつも申し込んでしまう方がいます。いくつも申し込んでしまうとそれぞれの新規の申し込みはクレジットカード会社がその方の信用をみるための「信用情報機関」という場所にその申し込みをしたという形跡が残ります。そうすると、いくつもカードを申し込んでいるということが分ってしまいます。いくつもカードがあるということは、それだけ利用金額も大きくなりますし、返済できなくなるのでは?とクレジットカード会社は判断してしまう可能性があります。ですので、いくつもカードを申し込むということはさけることがポイントです。

ポイント6:日本で本人名義の銀行口座を作る

これも信用性を高めるためには大切なポイントです。外国人は日本人に比べ口座開設には時間がかかります。ですので、早めに口座開設の手続きをされることをおすすめします。

こんな記事も読まれています↓↓

海外から配偶者を呼びたい(呼び寄せ)

配偶者の在留資格を変えたい(変更)

配偶者ビザで不許可になりやすいケースはこれです

当オフィスはこんな行政書士事務所です!(埼玉でビザ)

 

 


↓↓無料相談をご利用ください↓↓

最後まで、ページをご覧いただきありがとうございました。
当オフィスでは、初回(60分)無料相談を実施しております。
昨今の国際化、インバウンド需要の増加などから、日本に来られる外国人の方が年々増加しています。
そうなると、ビザ申請の件数が増加=審査期間の長期化
このようなことも現実起き始めているというか今もまさにその状況に置かれています。
1日でも早くビザを取得し、日本で幸せな結婚生活を送るためには、重要なのは「時間」です。
ビザ申請の専門家である行政書士に相談することは、時間短縮の効果もあります。
ご自身の貴重な時間を無駄にすることなく、無事に許可という結果を得られるようによしの行政書士オフィスはサポートをさせていただきます。
一度、軽い気持ちで専門家の意見も聞いてみてください。

↓↓このバナーから簡単にお申し込みができます。↓↓

無料診断受付中

配偶者ビザを取得するために

配偶者ビザを取得するために