トップページ > 配偶者ビザのご相談からご契約までの流れ(埼玉でビザ)

配偶者ビザのご相談からご契約までの流れ(埼玉でビザ)

①ご相談(初回相談60分無料)

まずは、お電話、メールもしくはLINEで無料相談のご予約をお取りいただきます。
実際に、ビザ専門の行政書士が相談をお受けいたしますので、ご安心ください。
(行政書士は専門家として守秘義務厳守を課せられていますので、その点ご安心ください。)

よしの行政書士オフィスの本人確認徹底ルール

無料相談をされる場合、全てのお客様の本人確認を徹底させていただいております。
お互いが安心して、信頼して実のあるご相談にしたいという思いからの当オフィスのルールです。
※仮に本人確認ができない場合は、ご相談をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

②お見積もり

実際にお客様からお伺いしました内容でその場でお見積もりをいたします。
お見積もりの結果をご覧いただいてからのご契約となりますので、ご安心ください。
相談したから必ず契約しなければいけないなどはもちろんございませんので、安心して当オフィの見積もり結果をお聞きください。ご納得いただいたお客様はその後ご契約へ進ませていただきます。

③ご契約

見積書の内容にご納得いただきましたら、ご契約となります。契約書にサインをいただきます。
そこから、今後のお手続きの手順などについてご案内をさせていただきます。
手続きの実際の開始は、ご入金後となります。
ご入金が確認できましたら、行政書士が実際に書類作成、資料収集などの作成、サポートをさせていただきます。
ご契約期間中は、ご不明点や不安点など質問は無制限でお受けいたします。
気兼ねせずにお聞きください。
※LINEのお友達追加をされた方は、LINEで契約期間中も回数無制限に相談可能です。
LINEをお持ちのお客様はスムーズなやり取りのためにLINEのお友達追加をお勧めいたします。

<よしの行政書士オフィスの安心ポイントお伝えします!!>

(安心ポイント1)見積書で明示させていただいた料金以外は基本的に発生しません。
(安心ポイント2)当オフィスで許可になると判断したにも関わらず、不許可となった場合は、再度リカバリーできるケースの場合は、無料で再申請、再々申請まで行います。
そうでない場合は、全額返金いたします。
※別途返金保障規定あり

④配偶者ビザの申請

実際に、書類の作成、資料収集が完了しますと、入管に配偶者ビザの申請という流れになります。
この申請手続は通常だとご自身で入管へ行かれる必要がありますが、当オフィスは申請取次という資格を持った行政書士が在籍しておりますので、入管にお客様が実際に出向いていただく必要はありません。
時間や労力を削減できてメリット大です。
ここがビザ申請の専門家である行政書士に依頼する利点です。
この入管への申請後に、場合によっては入管から追加書類の提出依頼がありますが、その対応も行政書士が基本的に行いますので、お客様に実際に入管に出向いていただくなどのお手間はかかりません。
※一定の書類の追加提出依頼に関しては、お客様のご協力が必要な場合もありますので、その際はご協力をください。

⑤配偶者ビザの申請結果通知

入管から申請結果の通知が来ますので、サービス内容により当オフィスが在留カードを入管に代わりに取りに行きます。(フルサポート安心プランのみ)
仮に、不許可の結果だった場合は、再度の申請が可能なケースであれば、再申請のお手続きをサポートさせていただきます。

(返金保障制度)

当オフィスが許可という判断をしたにも関わらず、不許可となった場合は、
全額返金させていただきます。※別途返金保障規定あり

⑥配偶者ビザ更新までのアフターフォロー

当オフィスでは、今後配偶者ビザの更新を問題なくクリアしていただけるようにサポートを充実させております。
一度当オフィスにご依頼いただいたお客様は永久にご相談無料とさせていただいております。更新までに万が一認定や変更申請の際とは違った事情が発生したなど更新にご不安な点なども遠慮なく専門家である当オフィスにお問い合わせください。

配偶者ビザ許可後のご提案

配偶者ビザ申請フルサポート安心プランのみ、更新手続き割引サービスあり

認定や変更手続きの際には問題ないお客様であっても、更新時の状況などによって更新手続きが難しくなる可能性もありますので、その更新までの間の過ごし方や更新手続きについてアドバイスをさせていただきます。
又、帰化申請をご希望されているお客様に対しても、問題なく帰化申請をして日本国籍を取得できるようにサポートも行っております。

 


↓↓無料相談をご利用ください↓↓

最後まで、ページをご覧いただきありがとうございました。
当オフィスでは、初回(60分)無料相談を実施しております。
昨今の国際化、インバウンド需要の増加などから、日本に来られる外国人の方が年々増加しています。
そうなると、ビザ申請の件数が増加=審査期間の長期化
このようなことも現実起き始めているというか今もまさにその状況に置かれています。
1日でも早くビザを取得し、日本で幸せな結婚生活を送るためには、重要なのは「時間」です。
ビザ申請の専門家である行政書士に相談することは、時間短縮の効果もあります。
ご自身の貴重な時間を無駄にすることなく、無事に許可という結果を得られるようによしの行政書士オフィスはサポートをさせていただきます。
一度、軽い気持ちで専門家の意見も聞いてみてください。

↓↓このバナーから簡単にお申し込みができます。↓↓

無料診断受付中

配偶者ビザを取得するために

配偶者ビザを取得するために