トップページ > ラオス人と国際結婚する手続方法

ラオス人と国際結婚する手続方法

ラオス人との国際結婚手続き

ここでは、日本人とラオス人との国際結婚手続きについてお話をします。
ラオス人との国際結婚手続きは非常に大変な手続きになる可能性があります。
ラオス人との国際結婚手続きでは、ラオス人の住む街の村長にサインをもらったり、地区政府事務所に申請書を持って出向いて、推薦状になる結婚勧告書を発行してもらい、警察での面接、司法局、外務省などなど様々な公共機関での手続きを経て最終的に住所を管轄する県知事まで申請が上がっていくようですが、統一的な運用がなされていないようです。

 

ここでは、国際結婚手続きにおける基本的な事項のみを書かせていただきます。
基本的に詳細については大使館にご自身で問い合わせることが一番はじめにすることとしては賢明な方法だと思います。
また、もしご自身で申請がご不安な場合は、専門家などにご相談ください。

注意点
ラオスの政府は正しい婚姻手続きを経ない結婚については結婚証明書を発行しません。
しかもラオスは婚姻要件具備証明書を発行しませんので、独身証明書および申述書を代わりに添付して申請することになります。

<ラオスで先に国際結婚手続きをする場合>

①まずラオスの内務省担当部局にこれからお伝えする書類を提出することになります。

(日本人が用意する書類はこちら↓↓)

・結婚申請書 1通 ※ラオス語の翻訳文をつけてください
・履歴書 1通 ※ラオス語の翻訳文をつけてください
・戸籍記載事項証明書 1通 ※ラオス語の翻訳文をつけてください
・パスポート及びその他身分証明書 1通 ※ラオス語の翻訳文をつけてください
・婚姻要件具備証明書 3通 ※ラオス語の翻訳文をつけてください
・健康診断書(ラオス病院が発行したもの) 1通
・警察証明書 1通 ※ラオス語の翻訳文をつけてください
・写真(4㎝×6㎝) 6葉
・在職証明書 1通 ※ラオス語の翻訳文をつけてください
・(離婚の場合)ラオス人女性が希望するとき、その帰国費用を保証する宣誓書 1通 ※ラオス語の翻訳文をつけてください
・日本大使館発行の意見書 1通
※上記書類以外にも書類を求められる場合があります。あくまでも一例とお考えください。

(ラオス人が用意する書類はこちら↓↓)

・結婚申請書(原本、コピー)各1部
・履歴書 (原本、コピー)各1部
・居住証明書 (原本、コピー)各1部
・パスポート、IDカードその他身分証明書 (原本、コピー)各1部
・独身証明書 (原本、コピー)各1部
・健康診断書(ラオス病院が発行したもの) (原本、コピー)各1部
・警察証明書(ラオス病院が発行したもの) (原本、コピー)各1部
・写真(4㎝×6㎝) 6葉
※上記書類以外に公安の意見書なども求められるケースもあります。ラオス人の方から、大使館に問い合わせてもらうことが賢明でしょう。

 

 

②申請内容に不備などがなく問題ないと判断されれば、婚姻の許可がなされます。その後、ラオス人が住まれる地元の行政区から婚姻証明書を取得します。
※この申請受理までは、様々な手続きが間に存在するため、実際には1年程度かかることを覚悟された方がよろしいかと思います。

 

 

③ラオス外務省で婚姻証明書の公印確認を受けた後、ラオスの駐日大使館または日本の市区町村役場の窓口に以下の書類を提示または提出します。
(必ず、婚姻成立日より3ヶ月以内に行なってください。)
・婚姻届書(大使館に備え付けてあります)
→日本人の本籍と婚姻後の本籍が同じ場合2通
→日本人の本籍と婚姻後の本籍が異なる場合3通
・戸籍謄本(日本人)2通
・婚姻証明書(原本)提示及び和訳文の提出
→日本人の本籍と婚姻後の本籍が同じ場合2通
→日本人の本籍と婚姻後の本籍が異なる場合3通
・ラオス人のパスポートの提示及び和訳文の提出
→日本人の本籍と婚姻後の本籍が同じ場合2通
→日本人の本籍と婚姻後の本籍が異なる場合3通
・日本人のパスポート及び滞在許可証の提示

 

以上の手続きが済みますと、双方の国において無事に国際結婚手続きが完了になります。

<日本で先に国際結婚手続きをされる場合>

①日本の市区町村役場に下記の書類を提出する

(日本人が用意する書類はこちら↓↓)

・婚姻届
・申述書
・本人確認書類 例)運転免許証やパスポートなど(写真付きのもの)
・戸籍謄本
・証人2人からの署名

(ラオス人が用意する書類はこちら↓↓)

・婚姻届
・申述書
・本人確認書類 例)運転免許証やパスポートなど(写真付きのもの)
・戸籍謄本
・証人2人からの署名

 

 

②婚姻の受理後、婚姻の記載がある戸籍謄本を取得する。

 

 

③婚姻の記載がある戸籍謄本その他必要書類に必ずラオス語翻訳文をつけて、外務省の公印確認をする。

 

 

④ラオス大使館に出向いて報告的届出を終える。

 

以上の手続きが済みますと、双方の国において無事に国際結婚手続きが完了になります。

こんな記事も読まれています↓↓

海外から配偶者を呼びたい(呼び寄せ)

配偶者の在留資格を変えたい(変更)

配偶者ビザで不許可になりやすいケースはこれです

当オフィスはこんな行政書士事務所です!(埼玉でビザ)

 


↓↓無料相談をご利用ください↓↓

最後まで、ページをご覧いただきありがとうございました。
当オフィスでは、初回(60分)無料相談を実施しております。
昨今の国際化、インバウンド需要の増加などから、日本に来られる外国人の方が年々増加しています。
そうなると、ビザ申請の件数が増加=審査期間の長期化
このようなことも現実起き始めているというか今もまさにその状況に置かれています。
1日でも早くビザを取得し、日本で幸せな結婚生活を送るためには、重要なのは「時間」です。
ビザ申請の専門家である行政書士に相談することは、時間短縮の効果もあります。
ご自身の貴重な時間を無駄にすることなく、無事に許可という結果を得られるようによしの行政書士オフィスはサポートをさせていただきます。
一度、軽い気持ちで専門家の意見も聞いてみてください。

↓↓このバナーから簡単にお申し込みができます。↓↓

無料診断受付中

配偶者ビザを取得するために

配偶者ビザを取得するために