トップページ > アメリカ人と国際結婚する手続方法

アメリカ人と国際結婚する手続方法

アメリカ人との国際結婚手続き

アメリカ人との国際結婚手続きについてここでは解説をさせていただきます。
基本的にアメリカ人との国際結婚は事前準備さえしっかりとしていれば、1日程度で手続きが終わるものになっています。ですので、事前準備というものが大事なってきます。
ここで解説をする手続き方法を参考にスムーズにアメリカ人との国際結婚手続きをされてください。

<日本で先に国際結婚手続きをする場合>

日本で先に国際結婚手続きをする場合、日本の市区町村役場に婚姻届を提出することで成立します。
その流れを書かせていただきます。

 

①アメリカ大使館で婚姻要件宣誓書を取得する
婚姻要件宣誓書は、日本にあるアメリカ大使館で取得することになります。予約後に、パスポートを持参します。公証費用50ドルを支払い、すぐ交付してもらうことが可能です。

 

 

②日本の市区町村役場に書類を提出する
(日本人が用意する書類などはこちら↓↓)
・婚姻届
・印鑑
・パスポートや運転免許証などの本人確認書類
・戸籍謄本(本籍地の市区町村役場以外に提出される場合は必要です。)
(アメリカ人が用意する書類などはこちら↓↓)
・①で取得された婚姻要件宣誓書
・婚姻要件宣誓書の日本語翻訳文(アメリカ大使館、領事館で発行できます)
・パスポート

 

 

③婚姻受理証明書を取得する
アメリカ大使館では結婚証明書は発行しませんので、アメリカ人の婚姻証明は日本の市区町村役場で発行してもらう婚姻届受理証明書や結婚したことが記載された戸籍謄本が代わりとなります。

 

 

④アメリカ本国において結婚証明書が必要な場合
③で取得された書面を英語翻訳して日本にあるアメリカ大使館、領事館で公証してもらうことになります。ここで公証を受けた婚姻証明についてはアメリカのマリッジライセンス、サーティフィケートコピーに代用できます。

ここでのポイント

アメリカ大使館へは報告的届出は不要です。
なぜならば、日本の法律で有効に行われた国際結婚の婚姻手続きは、アメリカでも法的に有効であると認められるからです。

<アメリカで先に国際結婚手続きをする場合>

①マリッジライセンス(結婚許可証)を取得する
このマリッジライセンスを取得するにあたり、注意しなければいけないことは、「州ごとに取り扱いが違う」ということです。
例えば、血液検査や、待機時間が必要な州もありますので、あらかじめ管轄の州に確認をすることをお勧めします。ここで解説させていただいている内容は、あくまでも一般的なものです。必ずご自身のお住いの州に確認を取られてください。

(マリッジライセンスの取得に必要な書類はこちら↓↓)
(アメリカ人が用意する書類はこちら↓↓)
・出生証明書
(日本人が用意する書類はこちら↓↓)
・婚姻要件具備証明書
・戸籍謄本

 

 

②結婚式を挙げる
協会の神父や牧師、裁判官などのある司式者の元で結婚式を執り行います。そこで結婚を宣誓し、①で取得しましたマリッジライセンスに署名をしてもらいます。

 

 

③マリッジライセンスを取得した役所へ提出。
②で司式者から署名をいただいたマリッジライセンスをそのマリッジライセンスを取得した役所へ改めて提出します。
そうするとサーティフィケートコピー(婚姻証明書)を発行してもらうことが可能になります。
※ここでも、システムや必要な書類は州ごとに異なります。あらかじめ管轄州へ確認を取られてください。

 

 

④日本大使館へ報告的届出を行う
(日本大使館へ提出する書類はこちら↓↓)
・婚姻届出書
・戸籍謄本
・③で発行を受けたサーティフィケートコピー(婚姻証明書)
・サーティフィケートコピー(婚姻証明書)の日本語翻訳文
・アメリカ人の方の国籍を証明する書類(パスポートなど)

上記の書類をアメリカにある日本大使館へ届け出れば、晴れて両国での国際結婚手続きは完了となります。

こんな記事も読まれています↓↓

海外から配偶者を呼びたい(呼び寄せ)

配偶者の在留資格を変えたい(変更)

配偶者ビザで不許可になりやすいケースはこれです

当オフィスはこんな行政書士事務所です!(埼玉でビザ)

 

 


↓↓無料相談をご利用ください↓↓

最後まで、ページをご覧いただきありがとうございました。
当オフィスでは、初回(60分)無料相談を実施しております。
昨今の国際化、インバウンド需要の増加などから、日本に来られる外国人の方が年々増加しています。
そうなると、ビザ申請の件数が増加=審査期間の長期化
このようなことも現実起き始めているというか今もまさにその状況に置かれています。
1日でも早くビザを取得し、日本で幸せな結婚生活を送るためには、重要なのは「時間」です。
ビザ申請の専門家である行政書士に相談することは、時間短縮の効果もあります。
ご自身の貴重な時間を無駄にすることなく、無事に許可という結果を得られるようによしの行政書士オフィスはサポートをさせていただきます。
一度、軽い気持ちで専門家の意見も聞いてみてください。

↓↓このバナーから簡単にお申し込みができます。↓↓

無料診断受付中

配偶者ビザを取得するために

配偶者ビザを取得するために